確定申告

著者が、アフィリ/ブログ特化型確定申告マニュアル「NTS」を紹介するよ

どうも、大河内薫(@k_art_u)です。

今日は、アフィリエイターやブロガーなどのネットビジネスに特化した確定申告マニュアル「NTS」について書きます。

作ったのは、何を隠そうこのわたくし。税理士大河内が書き下ろした一作。

2015年の発売以来、なぜか紹介していなかった…!
ビビるくらいに今更ですが、紹介したいと思いますw

 

NTS(Net business Tax Planning Strategy)とは

NTSとは、アフィリエイターやブロガーなど、ネットビジネスに特化した確定申告マニュアルです。

Net business Tax Planning Strategy」の頭文字をとって、NTSという名称にしており、NTSと書いて「ネッツ」と読みます

 

NTSを作ったきっかけ

僕自身が税理士業のかたわら、副業で独立資金を貯めていました。そのときの手法はもちろんネットビジネス。ネットビジネスという言葉が今よりももっと世間に怪しまれていた時代ですw

無在庫型ネットショップとアフィリエイトをやっていました。

僕は稼いでも確定申告は当然のようにやっていましたが、アフィリエイトなどを通じて出会う人たち、その中でも特に副業組の人たちは、確定申告に苦しめられていました。

というか「確定申告ってしなきゃダメなの??」みたいな猛者もいましたw

こりゃダメだ…、、、と思って「NTS」を作った次第です。

 

NTSの特徴

僕が伝えたい特徴は、大きく4つ。

 

アフィリエイトに特化した確定申告マニュアル

ネットビジネス、特にアフィリエイトに特化した確定申告マニュアルです。

実際は、八百屋だろうが美容院だろうがアフィリエイターだろうが確定申告に大差はありません。ですが、業界の慣行や、微妙なくせ、それらを確定申告に当てはめた場合、考えることが増えます。

それらをネットサーフィンで探すのも良いですが、どれが答えかわからない。そもそも答えがネットに落ちていない。ですから僕が、NTSに答えを詰め込みました。

  • 売上の計上時期・・・ASPの発生?確定?入金?
  • アフィリエイター独特の経費
  • アフィリエイターならではの節税対策
  • 現役アフィリエイターの質問に、現役の税理士が答える掲示板 etc.

 

すでに稼いでいるアフィリエイターからの生きたQA

NTSはPDFと音声での確定申告マニュアルですが、その中に現役アフィリエイターからのQA集(PDF)というものがあります。

現役で稼いでいるアフィリエイター、つまりすでに確定申告を経験しているアフィリエイターからの生きた質問に、現役の税理士が答えています。

これは確定申告の辞書として使える代物ですね(自画自賛)

 

青色申告で65万円控除を受ける確定申告を目指す

NTS片手に確定申告を仕上げていけば、青色申告で65万円控除をとる要件を満たします。正直、テキストだけでこれらを伝えるのは大変なのですが…笑

世の中には、全然要件を満たしていないのに無理やり青色申告で65万円控除を受けている人がたくさんいます。そもそも65万円控除がよくわかっていない人たちです。NTSは青色申告の基本概念から説明しているので、納得して(でも少々力技でw)青色申告をすることができます。

 

税理士に直接質問できるサポートがある

サポートフォーラムと呼ばれる掲示板で、税理士に直接質問ができます。こういう類の掲示板は、回答はほぼ外注スタッフがやってるなんてことはよくある話ですが、安心してください!

回答は全て僕一人で行っています(泣

またサポートフォーラムには2018年5月末時点で、300超の質問と答えがたまっています。それを見るだけでも、あなたの確定申告に役立つかもしれませんね。

 

NTSのお値段

ズバリ、19,800円です!

これを安いととるか、高いととるかはあなた次第です。相談料がかかる税理士に無制限で直接質問できるので、常識的には安いと思います。ですから、”それ”が必要な人にとっては安いはず。どんな人が買うべきか、どんな人が買わぬべきかは後述します。

注意点としては、会計ソフトは導入必須のマニュアルです。インストール型のやよいの青色申告か、クラウドならMFクラウドを推奨して、マニュアル化しています。

あと、販売ページは僕が作ったものじゃないので、少々怪しく煽りも多いです…w

この記事で「買うべき人、買わなぬべき人」は判断できると思うので、個人的には販売ページは斜め読みくらいで良いと思います( ・ㅂ・)و

 

NTSを購入する

 

NTSを買うべき人

 

  • ネットで情報をとるのがめんどくさい
  • 個人事業主の間は、顧問税理士をつけるつもりはない
  • プライベートと事業について、経費の線引きにいつも迷う
  • 今まで白色申告か、青色申告10万控除だった
  • 副業が会社にバレない方法が知りたい
  • 確定申告について、本当の答えが知りたい
  • 大河内のファン

 

最後については、問答無用で購入をお願いします土下座

現在、青色申告65万円控除を使っていない人には全力でおすすめです。
65万円控除に切り替えるだけで、

・今まで青色申告10万円控除だった方は82,500円
・今まで白色申告だった方は97,500円

この金額を、絶対に節税できます。

そうなると、購入初年度で購入代金をペイどころか、利益出ちゃいますので、買わない理由はないですね。

あとは、ネットの情報に対して「本当かなぁ・・・」と思いながら確定申告をしている人にもおすすめですね。税理士の僕が作ったものですから。

 

NTSを購入する

 

NTSを買わない方が良い人

  • 確定申告は何度も経験済みで自分の型がある
  • 顧問税理士がすでにいる
  • 絶対に白色申告しかするつもりはない
  • やよいの青色申告やMFクラウドを使うつもりはない
  • 大河内が嫌い

 

最後については、嫌いなのによくぞここまで読み進めたなぁと感心しますが、嫌いなら絶対に買ってはいけません。お互いのためですw

あと、白色申告は”マジで損”なので、できれば青色にした方が良いと思いますが、頑として突き進むなら止めませんし、NTSは不要です。

会計ソフトの操作マニュアルは、やよいの青色申告とMFクラウドしかありません。追加する予定もないので、他の会計ソフトの操作を学べるんじゃないか?という期待は抱かないでくださいね。

 

NTS著者から一言

ぶっちゃけ、個人事業主の確定申告は、10人がやれば10人違う答えを出します

 

なぜか?

 

それは、経費をどこまで突っ込むか、それが人によって違うからです。

個人事業主の確定申告の論点は多くありません。基礎的なミス、例えば売上を入金ベースで計上して確定申告をしているなどは、税務調査で議論のテーブルにも乗りません。だってそれは法律に従わず間違えているわけですから、ただただ修正するだけです。(売上は、その発生ベースで計上します。念のため。)

もちろん、基礎的なこともNTSで学べます。

ただし、個人事業主の確定申告、最後に論点となるのは、公私の経費をどこで線引きするか。それに尽きるのです。

 

もう一度。
結局は、経費の線引きなんです。

 

自分の中に確固たる指針があるなら問題ないと思います。

税理士には、数々の事例と、税務調査で答え合わせまでした事例があります。NTSではそれらを垣間見ることができますし、もちろんアップデートもしています。

「経費線引きの指針」を手に入れたい方は、どうぞご検討ください。

 

NTSを購入する

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
大河内 薫
大河内 薫
日芸出身のスーツを着ないカリアゲ税理士です。時間=命をモットーに、大切なモノに命を投下できるように日々精進。Twitterにゴリゴリ注力。FISCO仮想通貨ソーシャルレポーターとしてコラム執筆。仮想通貨、DAppsゲーム推し。KL半移住計画中。妻あり子なし。取材ご依頼大大大歓迎。TwitterDMかお問い合わせかinfo@artbiz.jpまで。1983.1.26生。
フォローお願いします!
    登録お願いします!