オンラインサロン

オンラインサロン「大河内薫マネリテ戦略室」について

※オンラインサロン「大河内薫マネリテ戦略室」の紹介・申込ページです(会員 400 突破!

どうも、税理士の大河内薫です。( @k_art_u )

都内で税理士をしたり、YouTube・ラジオ・Twitter・書籍などで一般の方に向けて税金やお金の知識を発信しています。

発信こそが僕の人生のメイン業務で「お金の教育を義務教育に導入して、日本のマネーリテラシーを向上させること」が人生を賭けて達成したい目標です。

これまで個人でコツコツと発信を続けてきました。そうしたら、僕の周りから少しずつマネーリテラシーに目を向けてくれる人が現れ、ご自身のお金の問題を解決する人が増えてきました。

…増えてきましたが、日本がマネーリテラシーの高い国になるという手応えはまったくありません。

僕自身は、YouTube登録者・Twitterフォロワー・2019年書籍の発行部数、全てが税理士として日本一なんですが、そんな些細な影響力じゃ全く歯が立ちません。目標の実現は遥か遥か遠く。

 

個人での発信に、限界を感じているんです。

 

だから理念を共有した仲間がほしくて、オンラインサロンを作りました。

今度はチームで戦いを挑みます。

「日常で必ず関わるお金なのに、義務教育にお金の教育がないのはおかしい!マネーリテラシーを高めていこう!」という理念を共有した仲間たちと一緒に、目標の実現を目指します。

それが、
オンラインサロン「大河内薫マネリテ戦略室」です。

 

まずはサロン概要を箇条書き

  • 月額制のオンラインコミュニティです
  • 月額980円(税込)
  • プラットフォームはFacebookページを使います
  • メインコンテンツとなるのは

    ・サロンマガジン+音声フォロー(月15本+音声4本以上)
    ・大河内への質問が可能(回答動画を月2本以上)

    ・サロン限定ライブ(月1回)
    ・YouTubeの公開収録(月1回。都内とそれ以外を交互。)

    (詳細と、その他のすべてのサービス内容は後述しています)

  • 当サロンの理念

    「お金の教育を義務教育に導入する」
    「日本全体のマネーリテラシーをあげる」

  • サロンメンバーのマネーリテラシーとビジネスリテラシーを高めて
  • サロン一丸となって、日本全体のマネーリテラシーを高める活動をします
  • ↑もちろんその活動を観戦するだけでもOK
  • 大河内薫の現在進行形のビジネス戦略、メディア戦略、出版戦略、人生戦略etc.
    その全てをサロン内で公開
  • これから挑んでいく「お金の教育を義務教育に導入するまでの試行錯誤の物語」を全公開
  • サロン売上はすべてサロンと日本のマネーリテラシーの向上のために使います(使った内容を公開)
  • お金の使い方が学べる、日本で数少ないオンラインサロン
  • 税金リテラシーまでカバーできるオンラインサロン(オーナーが税理士)

 

今すぐ参加したい方はこちら

「大河内薫マネリテ戦略室」に申し込む

※お申し込み前に必ずページ下部の「注意事項」をお読みくださいませ

 

「もっと内容が知りたい!」
「参加しようか迷っている!」

という方は、詳細と理念を話すのでしっかりと読んでくれたら嬉しいです。共感してくださったら、ぜひともメンバーに加わってください。ご自身のマネーリテラシー高めて、さらには日本のマネーリテラシーを共に高めていきましょう。

オーナーおよびサロンの理念

日本のマネーリテラシーの低さ

少しばかり、想いを語らせてください。

日本は世界に名だたるマネーリテラシー弱小国です。日本人はマネーリテラシー=お金の知識がごっそり抜け落ちた状態で、大人になります。

でも、社会人の多数派はサラリーマンだから心配ありません。

給料が振り込まれるときには、あらかじめ税金が天引きされているし、それを会社が代わりに納付してくれる。だから知識がなくても脱税問題に発展しないし、生きるのに困ることはありません。誰も文句は言いません。

でもね、もし税金が不当に多く天引きされたとしても、たぶんほとんどの人が気づかない(さすがに日本はそんなことしないとは思うけど)

その証拠に、天引きされる社会保険料率は年々上がっているけど、この事実をどのくらいの日本人が気づいているだろう…?

なぜ、日本は国民からマネーリテラシーを奪うのか?僕はやっぱりこの国の現状が…おかしいと思うんです。

誰かがやらないと変わらないし、状況はひどくなる一方だ

日本という国は、マネーリテラシーを国民から奪い続けている。その理由は

国民に、うっすらと”おバカ”であり続けてほしいから。

古くは江戸時代、お金を持っている民は”いやしい”とされていました。そして幕府や藩は、民から財力と知識を奪いました。いつの時代も、国民にお金の知識がない方が、政府としては統率しやすくて楽なんです。だからお金をいやしいものとして、お金の教育を一切しない。

でも、冷静に考えれば考えるほどに、お金の教育がされないのはおかしいと感じるんです。

日本では生きていくのに日本語が必要です。日常で日本語を使わない日はないはずです。子供のころから日本語を親に教わり、見よう見まねで喋り出し、いつしかコミュニケーションが取れるようになります。当然のように義務教育では「国語」が存在し、日本語力は洗練されていきます。

また、足し算・引き算・掛け算・割り算も人生で使わない日はほとんどないです。こちらも当然のように義務教育では「算数」が存在して、いつしかモノの値段を見ながら暗算をして買い物をする大人になります。

そう、大人は買い物をするんです。そこでお金を使います。移動手段にお金を使います。食事にお金を使います。この国ではお金の支払いに、消費税が加算されます。日本では生きていくのにお金が必要で、お金や税金について考えない日はありません。

…考えない日はありませんが、教育現場ではお金の教育はされません。

これはものすごく控えめに言っても、正気の沙汰じゃない。事実のほどはわかりませんが、国が仕組んでいるとしか思えないんです。

日本を変えるにはどうしたらいいか?

2020年、世間を騒がす”ウイルス”が、世界を混沌の時代へと変貌させました。

ワクチンができるまでは、「感染拡大を防ぐ自粛と解禁、また自粛」の繰り返しという様相を呈してきました。長期戦は確実です。もう、コロナ前の世界に戻ることは絶対にありません。僕らは生き方のルール変更を迫られています。

この世界線に突入するときに、日本国民のお金に対するリテラシーが高かったら結果はどう変わっただろう?……と、僕はたびたび思うのです。

きっと、ここまでの経済打撃はなかったんじゃないか?もっと日頃から準備をできたんじゃないか?と。

日本ではマネーリテラシーをあげる教育が必要です。これを教育現場に導入していくには時間がかかります。だから僕はインターネットを通じてマネー教育をしています。オンラインサロンをやるからといって、YouTube・Twitter・ラジオ・書籍の勢いを止めることはありません。むしろさらに発信をがんばっていきます。

ですが、これから一番時間を注いでいくのは、オンラインサロンだと断言します。

やるべきことは3つ。

1. 僕に関わるすべての人のマネーリテラシーを向上させる
2. 僕と理念を共有した仲間でチームを作り、強くする
3. チーム戦を挑み、民意を獲得する

いつの時代も、民意が変われば時代が変わります。ここまで読んでくれたあなたは「日本の教育現場でお金の授業がないのはおかしいんじゃ…?」そう思ってくれたはずです。

けれど、そう思っている日本人は、極めて少数派です。

「日本政府が国民からマネーリテラシーを奪い続ける姿勢」に疑問を感じる日本人が大多数になったときに、日本は変わると信じています。

僕が政治家になっても、官僚になっても、総理大臣になっても、義務教育をそう簡単に変えることはできない。けれど民意は国を変えられる。だから僕は民意を獲得することを狙います。

そのためのオンラインサロンです。

サロンメンバーとの約束

サロン売上はサロンのために使う

YouTubeやTwitterで、こんな質問がありました。

「大河内さんのオンラインサロンって、なぜ有料なんですか?」
「民意を獲得したいなら、無料でやるべきじゃないですか?」

確かに一理あると思います。

ただ、僕が無料でオンラインサロンをやって、国民全員が加入してくれるなら無料で構いません。全員が毎日サロンマガジンを読んでくれたら、こんなにも嬉しいことはない。

でも、それは100%無理です。

 

だからまずは、YouTube、Twitter、書籍などで僕に注目を集めました。でも、まだまだ全然注目度は足りません。

次にチームに注目を集めます。それがこのオンラインサロンです。

このときに、僕に数十億円の資産があればサロンは無料でやります。でも僕にはそんなお金はありません。

チームで世間の注目を獲得していくには、お金が必要なんです。具体的には

  • 全国47都道府県に、こどものためのお金の教育ができる寺子屋を作る
  • 全国各地で(しかも注目を浴びるキャッチーな場所で)お金の教育のイベントを開く

例えばこれらをそれなりの参加費をとってやったら、なかなか集まらないし注目されませんよね?でも「参加無料もしくはワンコイン」でやるとしたら、注目が集まりますが、お金が相当必要です。

だからオンラインサロンは有料なんです。サロンの売上はすべてサロンのため、もしくは日本のマネーリテラシーを上げるために使います。僕はオンラインサロンの売上がなくても生きていける収入の基盤ができたから、やっとオンラインサロンを始められます。

メンバーが1万人ともなれば、売上で毎月980万円、手数料と人件費などを引いても900万円くらい残るかもしれません。これくらい大きなお金が毎月入ってくれば、上記のようなことがやっとできるようになってくると思うし、急ピッチで世間に対してアプローチできます。これが民意を獲得する戦いのスタートラインです。

だから有料とさせていただいています。僕の「お金の教育を義務教育に!」という目標に向けた活動資金を捻出するためです。

時間をかけてこのオンラインサロンを育てて強くして、数万人のチームで日本全体にアプローチしていきます。

誰もおいてけぼりにしない

オンラインサロンでメンバーがおいてけぼりになるのは、よくある光景かもしれません。でも僕はそれが嫌なので、サービス格差をなくしてフォロー体勢を作って、おいてけぼりを作らないようにします。

メンバーは全国各地、ときには日本以外のメンバーもいるでしょう。

「毎月東京でオフ会をする」みたいなコンテンツをメインにしたら終わりです。あっという間にメンバー格差が生まれます。

だからサロンのメインコンテンツは「マガジン+音声フォロー・サロン限定配信・大河内への質問スレッド」です。これならどこにいても見れるし、活用することができる。

あくまでメインコンテンツなのでこれら以外にも、サロンメンバーをフォローする体勢は整えていますし、よりサービスが手厚くなるように日々動いています。

僕は「マガジン+音声フォロー・サロン限定配信・大河内への質問スレッド」というメインコンテンツで980円の価値を出せるようにフルスイングをします。僕が挑戦をしていく中で感じた気づきや体験談をマガジンや限定配信にして、それについて来れないメンバーを音声と質問スレッドでフォローする感じです。雑談部屋も用意して、僕以外のマネリテ向上スタッフによるフォローもあります。

その他のモノも含めて、サービスの詳細については下記の「サービス一覧」をご覧ください!

このサロンで受け取れるサービス一覧

  1. サロンマガジン月15本以上+毎週音声フォロー

    メールマガジンだと思っていただくのがイメージしやすいと思います。月曜〜木曜の午前中は毎日マガジンが更新されます。内容は「サロンだけでしか話せない、大河内薫の舞台裏」。例えば、現在進行形でやっているメディアやビジネスの舞台裏・戦略の話。またあるときは書籍の先出し情報や販売戦略。またあるときは大河内の売上・投資の内容とその戦略を赤裸々に開示して、サロンメンバーのマネリテ向上の背中を押すetc…様々な話をしています。YouTubeやラジオやTwitterでは話さない内容です。

  2. 大河内への質問スレッド(2020年8月追加)

    僕は直接質問を回答する場所が3つあります。税理士として顧問をしているクライアント、オフラインのセミナー・講演会、そしてオンラインサロンです。サロン内では、大河内への質問スレッドが毎週土曜日に立ち上がります。そこで受けた質問を、日曜日に動画で回答しています。

  3. 限定ライブ配信

    月に1回、サロン内限定ライブ配信をします。内容はサロンマガジンと同等です。僕の株式投資の銘柄や、お金の失敗談などを話すときもあります。ちなみにオーナーであるわたくし大河内薫は、自身のYouTubeチャンネル登録者数19万人を超えるYouTuberなので配信は得意です。

  4. YouTube税金チャンネルの公開収録(2020年7月追加)

    月に1回、観覧席を作ってYouTubeの公開収録を行います。サロンメンバーは参加することができます。現地に来れないメンバーのために収録風景はサロン内限定で生配信も行います。収録場所は原則都内ですが、2回に1回は地方開催としています。(可能な限りオフ会もセット)

  5. サロンイベントに参加

    日本のマネーリテラシーをあげるべく、準備ができ次第、全国各地でイベントを開催していきます。そのイベントにスタッフとして任意で参加可能です。コロナ禍による自粛中はオンラインイベントを考えていきます。

  6. 大河内薫のコンテンツフリー

    大河内薫のYouTube動画、ツイッター投稿やブログ記事をサロンメンバーは使うことができます。使い方に一部制限はありますが、可能な限り自由に使えます。もちろんコンテンツを使ってご自身のSNSやブログの集客に使っても構いません。

  7. このサロンのイメージは「町」です
    オンラインサロンの売上は大河内が経営する㈱ArtBizに帰属します。しかし、この売上を会社から持ち出すことはなく、オンラインサロンのために使います。月額980円は大河内薫マネリテ戦略室という町で暮らすための税金みたいなものです。(実は大河内も毎月980円払っています)集まった月額会費を、サロンメンバーおよび当サロンの理念達成のために大河内が使い方を決めていきます。もちろん、何に使ったか発表します。オンラインサロンの活動資金になるので、増えれば増えるほど面白いことができます。(現在:メンバー450名)

  8. お金の使い方を学べる

    「お金の稼ぎ方を教える」という類のオンラインサロンや商材はたくさんあります。けれどお金の使い方を教えてくれるオンラインサロンは皆無です。なぜなら「お金の使い方は使わないと学べないから」
    当サロンでは、集まったサロン売上をどう使うかを一緒に考え抜いて、実際に使っていきます。お金の使い方が現場レベルで見える・学べる日本で数少ないオンラインサロンです。しかもその使う金額は大小さまざまです。

  9. 税理士大河内薫と漫画家あんじゅ先生の新連載が読める

    いま日本で一番売れている税金本、通称「フリーランス税本」の著者である僕と漫画家のあんじゅ先生の新作漫画が読めます。どこにも出していない内容で、サロン内限定で月に1回連載しています。(4Pほどの漫画)

  10. このサロンに世の中のすべての職業を存在させる(目標)

    イメージは町ですから、当然いろんな職業のサロンメンバーが存在します。そこでのマッチングも精力的に行います。
    ・外食したいんだよね→サロン内で探す
    ・税理士探してるんだよね→サロン内で探す
    ・デザインの発注したい→サロン内で探す
    ・家を買いたいんだよね→サロン内で探す
    など、理念を共有したもの同志で日常が完結するように設計します。メンバー数が増えないと実現ができないけれど、時間をかけて作っていきます。(現在:メンバー450名)

  11. 全国各地にお金の教育の寺子屋を作りたい(目標)

    オンランサロンで運営する教育施設を作って、日本全国にマネーリテラシーをばらまきたいです。サロン売上の使いどころは主にこういったところです。教育施設の使用料は極力無料にしたいというのが目標です。

  12. スタッフ募集

    大河内薫&㈱ArtBizのスタッフ、このオンラインサロンのスタッフは、サロンメンバーからしか募集しません。これは人によっては高い価値を感じてくれるかもしれません。

  13. クライアント募集

    現在、税理士大河内薫が運営するArtBiz税理士事務所は、原則的にはクライアント様の募集をしておりません。今後もしも募集させていただく場合は、サロン内での限定募集の予定です。

  14. 大河内薫およびサロンの物語を間近で見れる

    お金の教育を義務教育に導入していくまでの物語をすべて公開していきます。最終的にはコレが最も価値が高いものなったら、そこに人が集まり、活動資金が集まり、世の中に対してい大きな勝負ができると思っています。まずは大河内が成功・失敗含めて走り続けることが重要です。もしも歩みを止めたら、どうぞ全力で叱ってください。

  15. その他、オフ会やzoomオフ会、娯楽があります

    他にもサロンの理念に沿ったものであれば、サロンメンバーの発案でどんどんサービスを誕生させます。定期的にzoomオフ会はやっていいますし、FPや簿記の勉強会もあります。また、毎月占い師が、希望するサロンメンバーを占うなどの娯楽もあります。

  16. 増えたら、随時追加します

 

どんな人にオススメ?

こんな人にオススメ

  • 大河内薫マネリテ戦略室の理念に共感した
  • 理念を共有した仲間が欲しい・お金の話を思う存分したい
  • 大河内や理念を共有した仲間と、日本のマネーリテラシー教育を変えたい
  • 月15本以上の大河内薫のマガジンが読みたい(2020年5月以降の記事全てが閲覧可能)
  • 週に20分くらいしかサロンのために時間を取ることができない※
  • フリーランス税本コンビの新連載が読みたい
  • 大河内薫のスタッフに応募したい
  • 「お金の教育を義務教育に導入する物語」が見たい
  • このページを読んでとにかくワクワクした
  • 大河内薫が好きだ

※このサロンのサービスは多岐に渡りますが、あくまでメインコンテンツは月15本のマガジン+音声フォローです。時間がない方でも、音声フォローさえ聴ければ問題ありません。

こんな人にはオススメじゃない

  • 大儲けしたいからお金の稼ぎ方を教えて欲しい
  • マネリテ戦略室に入るだけでマネーリテラシーが上がると思っている
  • マネリテ戦略室に入るだけで人生が変わると思っている
  • オフ会が最大の目的だ
  • Facebookアカウントがない
  • 週に20分という時間が捻出できない(週一回のマガジンの音声フォローを聴く時間がない)
  • 月980円が自分の家計にとってはかなりの重荷だ

※稼ぎ方のノウハウを売りにしてるサロンではありません。大河内のさまざまな戦略を公開しているので、お金との向き合い方や、マネーリテラシーの本質は学べます。

「大河内薫マネリテ戦略室」まとめ

  • 月額980円(税込)
  • Facebookページを使ったオンラインコミュニティ
  • サービス概要
    「お金の教育を義務教育に」「日本のマネーリテラシーを高めていく」という目標に向かう七転八倒の物語を間近で見ることができる。また、サロンマガジンや配信や質問スレッドなどを通じて、メンバーのマネーリテラシーを底上げするサービスを用意(サービス内容の全てを確認したい方はこちら
  • 参加方法
    このページ下部の利用規約を読んで、決済ページにてクレジットカード決済をお願いします。決済後、24時間以内に招待メールを差し上げます。(@artbiz.jp からの受信許可を行ってください。迷惑メールBOXの確認もお願いします。携帯キャリアメールですと、文字化け/不達が起こる可能性があります。)
    メール内のリンクより、サロンメンバー様ご自身でFacebookページへの参加申請をしていただき、運営にて本人確認が済みましたら、参加承認させていただきます(承認までに最大5日ほどかかる場合があります)
  • オンラインサロンに関する質問/相談は こちらのメッセンジャー へお送りください。このサイトの「問い合わせ」を”使わないで”くださると嬉しいです。

 

最後に大河内薫から一言

正直、大きいことを言っているなぁと、自分でも思います。風呂敷を広げまくっているなぁと、やっぱり思います。

ですが、本気です。
何年も時間をかけて、着実に達成していきます。

日本政府が、お金の教育を教育現場から奪う姿勢は絶対におかしい。子供たちがお金の教育を受けられる未来がくれば、日本は必ずポジティブな方向に進む。

僕のイメージでは、目標達成にかかる時間は早くて20~30年。死ぬまで活動を続けていく覚悟です。

せめて僕が死ぬときまでには、日本のマネリテ教育が変わる礎を築きたいなぁと。

その物語を共有する仲間を募集しています。

 

「大河内薫マネリテ戦略室」に申し込む

※お申し込み前に必ずページ下部の「注意事項」をお読みくださいませ

入会条件・注意事項

■利用規約(ページ最下部)の内容を当社との間の契約といたします

■申込日および、翌月以降は申込日を基軸とした毎月応答日に決済が発生いたします
例1)4月29日申込の場合

4月29日および、翌月以降の毎月29日にカード決済が発生

例2)5月7日申込の場合
5月7日および、翌月以降の毎月7日にカード決済が発生

■禁止事項

・本サロンの運営又は他のサロンメンバーの本サロンの利用を妨げる行為
・当社の承諾を得ずに、自己又は第三者の商品又はサービス等の広告、宣伝、誘導を目的とする行為、宗教や政治活動への勧誘目的で本サロンを利用する行為、または、他のサロンメンバーの情報収集目的で本サロンを利用する行為
・当社の承諾を得ずに、本サロンで得た情報を転載、引用、その他利用する行為、または当社/オーナー配信情報にかかる著作権その他知的財産権を侵害するもしくは侵害する恐れのある行為
・他のサロンメンバー、オーナー、当社又は第三者(以下総称して「他人」といいます。)を誹謗中傷する行為、他人の名誉もしくは信用を傷つける行為、他人について虚偽の事実を流布する行為、他人の迷惑となる行為、又はその他他人に対し不利益になる行為
・荒らし行為等、本サロンの秩序を乱す行為 
・その他、下記 利用規約 に定める禁止行為

利用規約

よければ動画もご覧ください

なぜ、お金や税金の教育が義務教育に導入されないのか…?

YouTubeでアツく語っております。よろしければご覧ください。

 

 

【YouTube】登録22万人突破!
〜誰も教えてくれないお金と税金の話〜
【著書】12.2万部突破!
〜税金初心者のための税金ギャグ漫画〜