サラリーマンという職業のやばさを存分に語ります

 

この記事を書いている人 - WRITER -


ブロガー/経営者/税理士

株式会社ArtBiz 代表取締役。スーツは着ません。
時間=命をモットーに、大切なモノに命を投下できるように日々精進。
◎日芸出身◎ANAマイル狂◎税理士もしてます
取材ご依頼はお問い合わせかinfo@artbiz.jpまで。


大河内 薫

こんにちは。

経営者/税理士/プロブロガーの大河内薫です。

 

今日は

 

サラリーマンやばいよ!日本一リスクがある職業だよ!!!


というお話。

 

※男女問わず。

 

 

サラリーマンを否定する訳ではありません

 

先に言っておくけど、サラリーマンを否定する訳ではありません。

 

サラリーマンしながら、幸せそうに日々を過ごしている友達もいるし、

自分の仕事に誇りを持っている人もいる。

 

 

それは素晴らしいこと。

 

 

でも、どんなに素晴らしくても、リスクはあります。

 

 

愚痴を言う奴は論外

 

サラリーマンと居酒屋で遭遇することがあります。

 

会話といえば、

 

  • 上司の愚痴
  • 仕事の愚痴
  • 夫/妻の愚痴
  • セックスの話

 

で、9割が構成されています。

これに芸能と時事ネタが上乗せすれば、ほぼコンプリートです。

 

 

くだらない会話を気の合う仲間と、酒を飲みながら話す。

 

・・・これ、最高ですね。

 

 

でも、愚痴を言う奴は論外。

(セックスの話は大歓迎)

 

 

現状に不満があるなら、愚痴ってないで努力しなさい。

 

それ以前に、現状がイマイチなのは、

 

他ならぬ、あなたの努力不足の結果。

 

 

僕は、

仕事の愚痴には、「じゃあ、会社辞めなよ」としかアドバイスできないし、

夫/妻の愚痴には、「じゃあ、離婚しなよ」としかアドバイスできない。

 

 

今日の話は、

しっかりと長い人生を見据えて、準備をしようというモノ。

 

上記のような愚痴り族の方は、読まない方がいいですよ。

 

 

どんなリスクがあるの?

 

笑ってる場合じゃないってww

 

サラリーマンとして生きることは、リスクがあります。

 

※ここでいうサラリーマンの前提は以下の通りとしましょう

  • 会社に正社員として雇われている
  • 基本給があり、毎月給料をもらう。
  • 年2回ボーナスをもらう
  • 65歳で退職して退職金をもらう

 

 

 

1分でいいから、考えてみてください。

 

なぜ、サラリーマンがリスクがあるのか?

 

 

答えは人それぞれ。

考えることが、自分の底力を押し上げます。

 

 

僕の考える結論は、

サラリーマンが、仕事(収入)を失うリスク。

 

 

40年続く会社は、1,000社のうち3社

 

これ、結構ビビります。

適当に言ってる訳じゃないですし、いろんな機関から公表されている数字です。

 

税理士として、会社をみてきた体感からも、

ある程度は合致します。

 

 

しかも過去から現代までの数字だから、

今日から先の40年はもっとひどいかもしれない。

 

 

この数字が意味するところ、

 

それは、終身雇用の崩壊

 

 

40年といえば、サラリーマンが勤める年数とほぼ同じです。

 

 

ですから、あなたがサラリーマンなら、

あなたの会社は40年以内になくなる可能性大ということです。

 

個人の力じゃ、どうにもなりません。

 

だから、サラリーマンはリスクがあるのです。

 

個人事業主や、社長は突然収入がゼロになるリスクはほぼありません。

(収入が下がるリスクは日常茶飯事だけどな。)

 

 

でも、サラリーマンは、突然収入(給料)がゼロになるリスクがあります。

 

企業の倒産や崩壊は、前触れなく起こるもの。

 

 

東芝やシャープの現状を、何十年も前に予測できた人はいないはず。

 

 

 

僕は税理士として、そのような現場を何度もみてきました。

 

 

 

 

独立しろと言っている訳じゃない。生き方の問題。

 

サラリーマンには、「リスク」がある。

それは事実です。

 

 

でも、僕は起業を推奨するわけじゃない。

起業だって、他のリスクがありますから。

 

じゃあ、どうするか?

 

ひとまず、あなたはリスクの存在を知ることができた。

ここからは生き方の問題です。

 

 

このリスクを無視して、

 

「ま、うちの会社は潰れないだろう」と、のんきに暮らすのか。

 

 

「リスクはわかった。じゃあ、何をすればいいんだ?」と、人生の準備に前向きになるのか。

 

 

前向きになった方は大歓迎。

 

サラリーマンをしながら、自分で生きていく術を考えましょう。

明日会社が潰れても、即死しないように。

 

 

どうすればいいかわからない方は、

僕のTwitterやこのブログをみてください。

 

 

また、僕がTwitterでフォローしている人を見てください。

 

 

そこにヒントはあります。

 

 

見て、考えても、わからない場合は、いつでも聞いてください。

 

 

いずれにしても、

近々、答えは発信しますので、僕のTwitterフォローしてくださいね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

大河内 薫
㈱ArtBiz代表取締役/税理士
時間=命をモットーに、大切なモノに命を投下できるように日々精進。
◎日芸出身◎ANAマイル狂◎スーツは着ません

取材ご依頼はお問い合わせかinfo@artbiz.jpまで。

▶詳しいプロフィールはこちら

○執筆しました〇

 
ブロガーやアフィリエイターのための
 
確定申告の教科書を執筆しました

NTS

Copyright© Time is Life , 2017 All Rights Reserved.